いつかこの日々を思い出してきっと泣いてしまう

文学パパが綴るかけがえのない日常

育児

子供らと走り回る夕暮れの公園

今日は朝から万博公園へと向かった。 ドラクエウォークなるアプリのイベントがあるらしく、妻が行きたがったので皆で行くことにした。しかし到着してその光景に唖然とする。 駅から公園へと続く道に長蛇の列が出来ていた。しかも何重にも列が折り返しており…

娘のランドセルが届いた

いよいよかぁ、という気持ちが強まった。 購入するときの娘の一番好きな色はピンクだった。ゆえに本人は「ピンクがいい、ピンクがいい」と言い張ったが、私と妻で頑張って諭し、なんとかピンクを回避させた。 今になって、それが本当に良かったと思う。 なぜ…

親子丼と公園遊び

近所の蕎麦屋にランチを食べに行った。 娘が希望したからだ。基本的に食事が嫌いな娘が何かを食べたがるのは珍しい。そこで出される美味しい唐揚げがどうしても食べたいらしい。 今日はどこもお出かけの予定はなかったので、せめてランチくらいはと、娘の案…

久々の大阪城公園

朝起きたから目的地を決めた。 そもそも最近訪れていなかったし、小さなラーメンフェスタも開かれていると検索して知ったからだ。 久々に降りたった公園は、開放感ある空間に紅葉の色合いが添えられており、気分が上がった。観光客も賑わっていたが、なにせ…

オセロに興じる

昨日時点で今週のタスクは終了している。 ゆえに今日はほぼ消化試合だった。午前中は図書館に行って本を返却し、新たな本を借りた。帰りにたこ焼き屋で昼食を買い、妻と一緒に食べた。 午後も同僚にフォローをお願いされて付き合ったミーティング以外は机に…

びぶん!

息子は最近よく「びぶん!」と口にする。 意味合いとしては「微分」、つまりは傾きのことを言おうとしている…わけでは当然なく、その実は対極にある「積分」、つまりは面積のことを言い表そうとして、息子が間違えて覚えているのである。 …わけでも当然なく…

嬉しい後ろ姿

マットにちょこんと座る息子の後ろ姿に目を細める。 彼が絵本を開き、ひとり物語を自由に語っているのだ。リビング横の遊び部屋には、図書館で借りたものをはじめ、いろんな絵本が常備されている。 私はリビングでよく本を読んでいるので、おそらくは私の影…

これから何度も通う道

息子とふたり、近くの公園に来ていた。 娘が軽い風邪をひいてしまったので、退屈している息子だけを外に連れ出したのだ。彼は外に出るといつだってご機嫌になる。 公園内を広く散策しようと思っていたのだが、案の定、遊具エリアに捕まって、結局はその近く…

みんなでお出迎えサプライズ

クライアントミーティングの前日。 資料のレビュー会があったが、問題なく済んだので、今日は午後の早々に仕事を終えることができた。そのためお散歩がてら妻と息子と三人で、幼稚園からバスで帰ってくる娘のお迎えに行くことにした。 早めに家を出て、近く…

片方は家遊び

今日も朝から快晴だった。娘に改めて訊いてみる。 「ほんとに公園くらい、行かなくていいの?」 「いいの!」と笑顔で応える娘。昨夜から気持ちは変わってないらしい。昨日はお出かけしたから、今日はお家で遊びたい。そういうことらしい。 レジャーに一日、…

王子動物園と美味しいおにぎり

最近、息子が動物の本を楽しそうに読んでいる。 そんな着想から、今日は動物園を訪れていた。神戸にある王子動物園。近しい人たちから良い評判は聞いていたが、私たちが訪れるのは初めてだった。 パンダが有名な園ではあるが、残念ながら今は療養中とのこと…

ちょこっとハロウィン

ハロウィンなのかハロウィーンなのか。 そんなことはどうでもいいので、今回はハロウィンと呼ばせてもらうことにする。今日はハロウィン当日ということで、仕事後に家族でささやかなハロウィンをした。 妻の両親は、ランチに近所の蕎麦屋へと連れて行き、そ…

夜明けの運動会

娘の疾走感を最前列で体感した。 今日は娘の幼稚園最後の運動会だった。かけっこではダントツ一番、リレーでも他の走者を追い抜いた。組体操も見事に成功し、練習していたダンスもキレがあった。 天候にもすこぶる恵まれ、これ以上ないほどの運動会日和であ…

パパというお仕事

賃金をもらう仕事は早々に終えた。 クライアントミーティングだったが、概ね想定通りに進めることができ、無事に次回へと繋げられた。 ただ今日に限っていえば、ここからのお仕事が本番である。そう、今夜パパというお仕事があるのだ。 それは運動会観覧の場…

足裏に残る適度な疲労感

今日も快晴の下、健康的な一日を過ごした。 自転車で隣町の公園を訪れ、シートを敷いてピクニックをした。近くの美味しいパン屋で買ったパンを頬張り、ポカポカの木洩れ陽を浴びて、気分よく光合成をしていた。 真っ先に食べ終わった息子は靴を履き、私たち…

髪がお好き

息子はママの髪が好きだ。 抱っこされるといつも髪を撫でている。最初は触るだけだったが最近は顔を埋めたり、匂いを嗅いだり。完全に髪フェチである。 そもそも、髪を触る目的で抱っこをせがんでいるきらいがある。もちろんママの時だけだ。私の短髪を撫で…

いいこっちゃ

「いっえぃまーす!」 満面の笑みを携えた息子が、嬉々として妻と玄関から出ていった。外出するとき息子はいつもそうである。 家の中で退屈そうな彼を見かねて、最近、妻がよく息子を外に遊びに連れて行ってくれる。それが本人に告げられると、キャッキャと…

自転車を追いかけて

ヘルメットを被った娘が少し先を進む。 娘の自転車も安心して見られるようになった。ただ、万が一に備えて並走は必要なので、今日は汗だくになりながら彼女を追いかけていた。 自転車を置いたと思っても、彼女はかけっこ競争や鬼ごっこをやりたがった。Tシャ…

長いしりとり

娘とのしりとりが長期戦となるようになってきた。 彼女の語彙もずいぶん増え、頭の引き出しから取り出すのも速くなった。相変わらず、彼女の知らない言葉は使わないルールであるが、それでも長風呂になるくらいには決着がつかない。 また、単語が思いつかな…

ふたたび後追い期

風邪で弱っているからだろうか。 息子の寂しがりが過激化している。今日は娘が久々に幼稚園に行った。しかもお誕生日会だったので妻も一緒に。そのため午前中は私と息子のふたりっきりだった。 妻が家を出ると、すぐさまリビングから息子の呼び声があった。…

自転車マスター

久しぶりに自転車の練習で緑地公園に行った。 夏の間は暑さから練習を控えていたのだ。娘はもうほとんど乗れるようになっており、あとは坂道やカーブの習得だけが課題であった。 久々の自転車だったが、娘はすぐに感を取り戻した。自転車の乗り方は一度覚え…

子供たちとお風呂

ずっと一緒に入るよ。 娘はそう言うのだけど、当然ながらそんなわけにはいかない。お風呂の話だ。今日はクライアントミーティングを順調にこなし、定時近くで業務を終えていた。夕食を済ませ、娘と一緒にお風呂に入っていたのだ。 平日はシャワーが多いので…

うーみーはーひろいーなーおおきーなー

息子はよくこの歌を歌っている。 今日もテレビゲームに海のフィールドが出てきた際に、あっ!と声をあげて画面前まで駆け寄っていき、身体を横にゆらせながらに歌っていた。 初めて本物の海に足をつけた時にも、遠い目で水平線を見つめながら、突然この歌を…

夏でもなく秋でもなく

喉に流し込んだ麦茶がすぐさま汗に変わった。 どれだけ飲んでも喉の渇きは尽きない。自動販売機の有り難みを実感する。もう何本飲んだことだろうか。 風は秋の趣を纏うのに、日差しはまだまだ夏味が残っている。お互いに申し合わせはしていないようだ。でき…

ゥラビ!

お菓子のパッケージを指して息子が元気に叫んだ。 聞き返すと、再度「ゥラビ」と言う。なんだろうかとパッケージを見るとそこにはウサギのイラストが描かれていた。なるほど、ラビットか! 最近よく食べている動物ビスケットのパッケージだ。それぞれに違う…

娘のもう笑わない宣言

「もうパパではわらわないから」 久しぶりに娘とお風呂に入っている時、唐突にそう宣言された。ツンと顎を上げ、大人びた表情が作られている。どうしてかと訊ねると、彼女はこう答えた。 「だって6さいは、あんまりわらわないから」 これで合点がいった。昨…

忙しい娘の誕生日

今日で娘は6歳になった。 ただ私はいつものように週の前半は忙しかった。それを見越して誕生日会は日曜日に済ませておいたのだ。 それにしても今日は朝から晩まで忙しかった。ゆえに娘と接することができたのも数える程度。でもお菓子の時間と夕食は一緒に過…

休み明けは泣きがち

息子のことでもあり、私のことでもある。 息子は休み明け、私がリビングから出て行こうとすると泣きがちだ。休日のあいだはほぼずっと一緒にいるからだろう。きっとギャップにやられているのだ。 今日も妻が娘を連れて出掛けている時は、彼が寝付くまでリビ…

家族での朝帰りと誕生日会

急遽のお泊まりを終え、朝電車に揺られて帰宅した。 結局昨夜は子供らを寝かしつけた上で深夜2時頃まで大人で談笑していた。友人らの夫婦と我々夫婦の課題やスタンスに大きな違いがあり、本当に夫婦の数だけ形があるんだなあと再実感した夜であった。 朝7時…

すわって!すわって!

今日は夕方から息子と一緒に仕事をした。 正確に言えば息子と席を隣同士にして座って仕事をこなしたのだ。夕方から妻と娘がスイミングスクールに出かけたので、リビングに息子ひとりとなり寂しいかと思ったからだ。 私の業務においても作業に入る前の「構想…