いつかこの日々を思い出してきっと泣いてしまう

文学パパが綴るかけがえのない日常

初めての採用面接官

現職へ入社したのは僅か半年前だ。

 

そんな私が、早くも転職面接の面接官役を務めることとなった。人手不足なのだろうが、あまりにも役不相応ではないか、と思いもしたのだが、これも経験だからと引き受けることにした。

 

なにやら面接対象の方は、採用となった場合は私の直属の部下になるとのことだ。故にこの人と一緒に働きたいかどうか、の尺度で評価してほしいとのこと。なるほど、それなら私が面接をする意義が見出せる。

 

リモート面接だったので、時間に余裕を持って待機して、しっかりと対象者の職務経歴書などを読み込んでから臨んだ。いくつか端末トラブル等はあったものの、ほぼ予定通りで面接は終了した。

 

女性だったが、なかなかガッツがあり、責任感にあふれた印象を受けた。またコンサル経験もあるので、すぐさま即戦力になれるイメージを持つことができた。

 

面接後には、一緒に面接官を務めたマネージャーと意見を言い合った。合格の評価で報告書をまとめるよう意識を合わせた。次が最終面接なので、本人が辞退しない限りは採用の運びとなりそうだ。

 

評価表にいろいろ採点事項を記入していると、はたして半年前の自分はどんなことが書かれていたのだろうかと、ソワソワした気持ちになった。結果は同じ「採用」でも、三段階の評価が付けられることを知った。

 

私は真ん中だったのかな?もしかして一番下?そんな訝る気持ちが渦巻いた。ただその評価付けがなんだったにせよ、私は希望年収よりも多い提示額で、希望通りの職級で、入社をさせてもらえたので、不満はまったくないのだけれど。

 

しかしコンサル業界は現在バブルである。ゆえにどこのファームも人材を欲しがっており、それが経験者であれば尚更だ。他よりも高い提示額を出して、転職者を奪い合う。まさに売り手市場である。

 

私も何年かコンサルを経験すれば、そのようなウハウハ状態になるのだろうか。いや、この業界好景気はそう長くは続くまいし、年齢的にもそこまで引く手数多ではあるまい。

 

ただなんにせよ自身のキャリアの選択肢は持て、どこかからは欲しいと思ってもらえる人材にはなっていたいな。その為にも、目の前の仕事に全力を尽くそう。