いつかこの日々を思い出してきっと泣いてしまう

文学パパが綴るかけがえのない日常

育児

やりすぎの境界線

娘とはよく人形遊びをする。 そこは想像力がものを言う世界だ。次々と新たな設定や物語を吹き込み、その場のやりとりに展開を生み出す。 当然ある程度のリアリティは必要となってくるし、同時に、わくわくするような突飛な発想も重要となる。 昨日はレゴブロ…

おしゃべりさん

娘はおしゃべりがどんどんと達者になっている。 連休中に印象に残った言葉たちを書き留めておきたい。 ぷりんせすみたい ワンピースなど、スカート系のお洋服に着替えたときの一言。自画自賛的に自分に対して言うときもあれば、お店で試着した妻に対して言う…

ベランダにテント

ベランダにテントを張って、皆でお弁当を食べた。 3連休の最終日。今日は家でゆっくりと過ごす予定だったので、せめて少しでも娘に喜んでもらうため、そのようなランチを開催したのだ。ちなみに妻のアイデア。 妻が可愛いお弁当箱に、顔つきのおにぎり、卵焼…

ティッシュ2枚

世界ひろしといえど、 「ぱぱ、もういっかいっ!」 ティッシュ2枚でここまではしゃげるのは、娘くらいではないか。そんなことを、ふと思った。ただすぐに違う考えも浮かぶ。案外、どこの家庭においても、同じようなことをして遊んでいるのかも。 私は娘から2…

小さなレディ

最近、娘は自分より年上の子を見ると「おにいちゃん」「おねえちゃん」と呼ぶようになった。そして明らかに年下の子を見ると「あかちゃん」と言って可愛がる。 そんな彼女に、どっちになりたい?という質問をしてみたことがある。「おねえちゃんになりたい」…

昼寝、それは至福のひととき

現在、娘が昼寝をしている。 妻も一緒だ。私も先程まではその隣に並び、おそらくは豪快なまでのイビキをかいていた。 午前中は、妻と娘と一緒に「つかまえたごっこ」をして遊んでいた。1人が逃げ、残り2人がそれを追いかける。そして捕まえたならば、身体を…

大きくなる

おおきくなったの、と娘が言った。 お風呂上がりに、身体を拭いてあげている時のことだ。まだ浴室にいる妻が私に向かって、今夜は娘が夕食をたくさん食べた、という話をしていた。 私は唐突な娘の発言に、一瞬だけ頭に「?」を浮かべたのだが、すぐさまその…

我が家のマリー・アントワネット

最近お気に入りになった娘の口調がある。 「~じゃない」という口調だ。文字面だとわかりづらいが、否定形の意味ではなく肯定系で使われる。マリー・アントワネットが言った「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」と、似たようなニュアンスだ。 娘…

雨の中のトライアスロン

3泊4日の淡路島旅行が終わった。 最終日は、本来の目的であった父が参加するトライアスロンの応援だ。あいにくの雨となったが、なんとか凌ぎながら各種目を応援できた。娘は長靴にレインコートの姿で、びしゃびしゃになりながら声を張り上げていた。 じいじ…

ろくろ首

ろくろ首という妖怪をご存知だろうか。 あの首の長いポピュラーな妖怪だ。巷にも溢れている存在だが、娘は昨日、それをはじめてテレビの中で見た。 『お母さんといっしょ』の歌の一つに、妖怪にまつわる曲があったのだ。うたのおねえさんがろくろ首に扮して…

耳もとからミュージック

娘にヘッドフォンを教えてあげた。 前々からその存在は知っており、娘はよく首にかけては遊んでいたのだが、このたびスマホを繋げ、はじめて音を出してみたのだ。 ヘッドフォンを耳にはめ、彼女の好きな星野源を流してあげる。微かに聞こえるくらいのほんの…

オリジナルソング

娘の自己肯定感は高い。 昨日も、私は会社の送別会で帰りが遅かったのだが、娘はまだ起きていた。いそいでシャワーを浴びると、わずかな時間だが娘と一緒に遊ぶことができた。 その後、時計が12時を回ったので、さすがにもう寝なければと、家族3人で寝室へと…

ささやかなるヒント

まるで盆と正月が一緒に来たかのようだった。 そのときの娘の表情だ。彼女は嬉しさを抑えきれないようにはにかみ、その興奮から頬を赤く染め上げていた。 なにも特別なことをしたわけではない。ブロックを手に遊ぼうとする娘の前に、私と妻がふたり揃って座…

つかのまの

はじめに断っておくが、今日の日記は短い。 今週に入ってからというもの、なかなか娘との時間が作れなかった。残業があったり、研修帰りで疲れていたり、昨日にいたってはフットサルで帰りが遅かった。 また最近では少しずつ、娘を早く寝させようとも取り組…

薄めて飲むカルピス

最近、娘がカルピスをよく飲む。 カルピスウォーターではなく、自分で薄めてから飲むやつだ。2本買えばアンパンマングッズが貰えたということで、少し前に妻がスーパーから買ってきたのだ。 私が幼い頃、原液のカルピスなんてのは、稀にお中元でもらった際に…

お利口さんのスマートな就寝

娘がせっせと寝支度をしていた。 しかしそれは、おままごとの世界だ。現実世界でももう寝てよい時間なのだが、彼女はなかなか寝ようとしない。ただ、おままごとの中なら、彼女は誰よりもお利口さんになれるのだ。 「ぱぱ、これ、おふとん。おふとんに、ねん…

毒味役

ランチのデザートを食べているときだった。 「ぱぱ、これたべて」 私は娘の指示に従い、フルーツゼリーに入った桃をスプーンでひとかけら口へと運んだ。しばし咀嚼し、「美味しいよ」と感想を伝える。 それを聞くと娘は、満足げに頷いた後、踏み切るような色…

七五三に向けた準備

昨日は午後休をとって家族と梅田に行った。 11月に予定している七五三に向けた諸々の予約をするためだ。妻と娘は前撮りや参拝時に着物をレンタルするので、その着物選びがメインの目的だった。 スタジオに入ると、平日にも関わらず何組かお客さんがおり、ス…

ハハッ

私はミッキーマウスの声マネがわりかし得意だ。 テレビアニメでミッキーを知り、少し前に小さなぬいぐるみを買ってあげて以来、娘もミッキーが大好きになった。最近では、夜になるといつもそのぬいぐるみをベッドに連れてきて、添い寝をするように眠っている…

幼稚園お休み

今日は娘のプレ幼稚園。しかし風邪をひいたようだ。 昨日からコホコホと渇いた咳をしている。熱はそこまで高くないが、風邪のひきはじめで間違いないだろう。残念だが、幼稚園はお休みすることにした。 数日前から娘は楽しみにしていたが、こればかりは仕方…

彼女の町

面白い歩き方だ。娘の後ろを歩いていて改めて思った。 彼女は腕を大きく振り、まるで行進するかのように歩く。そこに鼻歌を常備、顔には茶目っ気溢れる笑顔が張り付いている。さながらトトロのメイちゃんのようだ。 妻がスーパーに買い出しに行こうと口にす…

5月はこんなにも暑かったか

暑い。はたして、5月とは夏だったろうか。 昨日はその気温を見誤り、昼過ぎに家を出た後になって急遽予定をひっくり返し、室内中心の過ごし方に変更した。殺人的なその暑さに、外で遊んだら死んでしまう、そのような恐怖心を抱かされてしまったのだ。 今日は…

オモチャ王国としまじろう

昨日は兵庫の『オモチャ王国』に行ってきた。 会社は一斉休暇で休み。私たちは2時間ほどかけ、電車とバスを乗り継いで王国に着いた。到着と共に目を覚ました娘は、見るからに楽しそうな雰囲気を感じ取ったのか、エントランスの前で踵を弾ませていた。 郊外に…

手作りオモチャ

娘が幼稚園でオモチャを作ってきた。 紙コップとストローとビニール袋で作ったオモチャだ。仕事中に妻から、それを手にした娘の写真が何枚か送られてきて、私はとても微笑ましい気持ちになった。 娘のプレ幼稚園は昨日で2回目。週に1回、妻同伴のもと1時間半…

移ろい

給料日となり電子明細に『令和1年』と書かれていた。 流行りに乗った何かの冗談かとも思ったが、よく考えてみたら本当に元号が変わったのだ。あれだけ騒がれ、受け入れたつもりでいたのだが、なんだかんだで昨日初めて、私は実感を持つことができたかもしれ…

ダンスレッスン

「ぱぱ、こうやってするの!」 また娘のダンスレッスンが始まった。テレビにダンスのあるMVを流すと、娘は私を誘う。そして私が一緒になって踊り出すと、熱のこもった指導を始めるのだ。 「こうやって、こうするの!」 テレビには、手首を奇妙に曲げ、それを…

カバより魚

今朝、妻が友人の結婚式のため東京に旅立った。 明日の夜まで、娘とふたりっきりである。そんな今日は、娘を連れて天王寺動物園まで行ってきた。 久しぶりの動物園だ。最近、娘は動物たちを覚え始めているので、どんな反応をするのか楽しみだった。 動物園に…

ひとりでできるもん

娘は最近なんでも自分でやりたがる。 たとえばパジャマを着るのもそうだ。お風呂上がりに私が着させようとすると服を奪い取り、「じぶんでできう!」と言って、ふんふんと鼻息を鳴らす。 そして早速、前後反対にして頭を突っ込もうとするのだった。私は彼女…

芽ぐむ言葉たち

娘の発する言葉は日に日に増えていく。久しぶりに、お気に入りの言葉たちをここに書き留めておきたい。 「びっくりしちゃった」 娘が固まるほど驚いた後に発せられる言葉だ。昨日は誤ってお茶の入ったコップをひっくり返した後に使われた。私に抱きかかえら…

子供たちよ、今日は思いっきり遊べ

お天道様はきっと今日が何の日か知っているんだろう。 彼から発せられる灼熱の光線を浴びながら、私はそのことを確信していた。至る所で木々の葉に反射した光は、さながらスタジアムのスポットライトのようだった。 福岡で過ごす最終日の今日は、妻の幼馴染…